2006年06月04日

いちご100%

いちご100%、ようやく最終19巻まで読みました。

あぁ、そうですか。。。真中君は結局西野さんを選びましたか。



『とてもとても残念です』



いや、主人公の真中君からしたら、西野さんという選択でよかったのかもしれませんが、
読んでいるこちらとしては「なぜに東城さんではないのでしょうかー?」と
かなりせつなくなりました。
相思相愛に見えたんですけどね。

まぁ、そもそも西野さんとの付き合い始めはまちがい+勢いだったからいいとは思いますが、
その後は間違えていた相手が東城さんだった+東城さんの書く小説に感動したり
考え方に共感を覚えていたあたりで(最初に西野さんと別れることになったあたりかな?)、正直に東城さんに気持ちを打ち明ける→付き合う(まぁそううまくいかないかもしれませんが)
という流れが正しかったぞ、真中!
と思ったりします。

しかし、東城さんとハッピーエンドになってほしかったなぁ、と。
おかげで心がざわついて落ち着かないので、久しぶりにblogを更新することにしました。

私が東城さんとのハッピーエンドがよかった、と思うように
西野さんでよかった、とかつかさとだったらよかったのに、とか思うのでしょうか。


久々に心がざわついたコミックでした。

posted by ぐりん at 02:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | コミック。