2008年04月22日

文学少女と

図書館で本を借りて読んだのですが、これが中々。

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)


文学少女と死にたがりの道化、という野村美月さんという作家さんの本です。

正直さほど期待していませんでした。何しろファミ通文庫ですし。

(偏見ですね、すいません。私にとっては今はなくなってしまった

朝日ソノラマ文庫が特別だったので・・・。角川や電撃はなんだか

お家騒動をやってるだけにしか見えませんでしたので、ちょっと斜に構えて見てました。)


えーと。文学少女と死にたがりの道化の話ですね。

初手から、どこかで聞いたようなフレーズが・・・はて・・・?

というのが出てきます。

太宰治の人間失格、ということが読み進めて初めてわかりますが

(すいません、私は説明されるまでわかりませんでした)昔触れたときには小難しさしか感じなかったような作品なのに、

物語の中でその作品への思い、生きていることの悲しみ、

自分という存在の汚さ、色々な事が語られます。

あぁ、そういえばそうだ、どうして忘れていたのだ、と何かが心にしみてくる感じがします。

なんといったらいいのか、うまく伝えられず自分に文才がないのが恨めしく感じますが、

とにかく面白く、私にとってはこころを揺さぶられる作品です。

幸いなことに、図書館に続きもあるようなので探してみようと思います。


・・・ちょっと調べてみたら、かなり評判の高いシリーズだったのですね。

まったく知りませんでした。

“文学少女”と神に臨む作家 上
野村 美月
エンターブレイン
2008-04-28
定価 ¥ 630
“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)
野村 美月
エンターブレイン
2007-12-25
定価 ¥ 630
おすすめ平均:
あなたは私を知りますまい
最高傑作、幸せです
“月花を孕く水妖”の「秘密」とは
“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)
野村 美月
エンターブレイン
2007-08-30
定価 ¥ 651
おすすめ平均:
銀河鉄道の夜秘話
熱く語る遠子、健在
今度は宮沢賢治でした。
“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫 の 2-6-4)
野村 美月
エンターブレイン
2007-04-28
定価 ¥ 630
おすすめ平均:
ななせさんへの気持ちが揺さぶられる!
続きが気になる
残念
“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
野村 美月
エンターブレイン
2006-12-25
定価 ¥ 630
おすすめ平均:
非常にシリアス
ついに心葉のものがたりが動き出した!
“繋がれた愚者”に赦しを
”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
野村 美月
エンターブレイン
2006-08-30
定価 ¥ 630
おすすめ平均:
ゾゾ
今回は「嵐が丘」
“飢え渇く幽霊”に捧ぐ鎮魂歌
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
野村 美月
エンターブレイン
2006-04-28
定価 ¥ 588
おすすめ平均:
文学のすゝめ
文学少女と知ったかぶりの読者
人生に文学は必要か
powerd by Amazon360

posted by ぐりん at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノベル。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94302569

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。