2008年04月27日

任天堂が球場内DS用サービス Nintendo Fan Networkを無料化

任天堂、セーフコ・フィールドのNintendo Fan Networkを無料化by Ittousai Apr 25th 2008 @ 6:17AM



任天堂が球場内DS用サービス Nintendo Fan Networkを無料化しました。Nintendo Fan Networkはシアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで展開されている無線LANとDSを使った野球観戦のお供サービス。観客席に設置されたWi-FiステーションからDSにクライアントソフトをダウンロードすることで、MLB.comと提携した選手情報や統計の表示、テレビ中継からのリプレイ、ミニゲーム、あるいは球場内のドリンクやフードの注文ができるというサービスです。

従来は一試合ごとに5ドルまたは10試合分で30ドルといった課金システムがテストされていましたが、無料化によりDSを持ち込めば誰でも利用できるようになります。世界累計7060万台・国内累計2238万台を超えたDSの「普及率の高さを活かした新たな用途の開拓」を掲げる任天堂ですが、社会インフラ化を目指した試みは着々と進んでいるようです。


野球自体はそれほど好きではないのですが、こんなすごいサービスがあったんですね。
以前に美術館でのガイドとして利用できるようになる、というようなニュースは覚えていますが、
実際にこういうサービスをみると、『おっ?ちょっと便利かも』と思いますね。
色んなことに応用できそうな気がします。
スーパーボウルやサッカー、ワールドシリーズなどの単発のスポーツよりは
オリンピックなどにはものすごくいいでしょうね。
同時に色々な事が起こっているわけですから、そこで情報を提供していくというのはかなり面白いのではないかと。
スポンサーたちのCMやプレゼント、名シーン等をはさんだりして。
うわぁ、ものすごくいけそうです。
・・・それが北京のやつかどうかはまた別の話ですが。
posted by ぐりん at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック